I ♡ 動物!

動物の世話をする際に必要な意識とは

このサイトについて♡動物が好きで動物に関わる仕事をしたいと思っている方のために、可愛い動物たちの世話をするペットシッター、ペットショップ店員などの仕事内容やバイトの探し方を紹介するサイトです。

動物が大好きなみなさんへ

I ♡ 動物! 動物が大好きでペットシッターの仕事をしている管理人が、動物の世話をする仕事について紹介するサイトです。サイトへのお問い合わせは【こちら】へお願いいたします。

SPECIAL

生き物を扱うという意識を持とう

ペットショップでバイトをすることに興味がある人も多いでしょう。かわいい子猫や子犬の世話をできると思ってバイトを始めてみたら思わぬ仕事が待ち構えていることもあります。どんな生き物を担当することになっても、命を尊重する気持ちを持って仕事をすることが大切です。

商品販売の仕事からスタート

ペットショップのバイトを始めると最初は「商品販売」の仕事を担当することが多いようです。ペット周辺の商品は年々充実し、数が増えています。ファッションアイテム、ケージ、水槽、エサ、遊び道具などたくさんの商品を扱います。まず納品されたアイテムを検品し、棚に並べていく作業を行います。売れ筋の商品は営業時間中に棚からなくなることがありますので補充をします。倉庫の在庫が少なくなったら、発注担当者に伝えておきましょう。お客さんに商品の使い方を案内する作業やおすすめ商品を紹介する作業、レジで会計をする作業も行います。

生き物を扱う仕事へ

販売の仕事に慣れ、ペットショップの雰囲気に慣れた頃にいよいよ生き物を扱う仕事を任されます。ペットショップの生き物や動物が元気な姿で飼い主さんのもとに販売されていくまでの健康を守る大切な仕事です。毎日の餌やり、ケージの清掃、排泄物を処理する作業が主な仕事になります。
大きなペットショップでは犬や猫などの哺乳類だけでなく、トカゲや蛇などの爬虫類やカエルなどの両生類、そしてカブトムシなどの昆虫も扱っています。蛇の餌やりには生まれたてのマウスなどを使用することもあります。ピンセットで虫をつまみトカゲの口元に運ぶ作業を行うこともあるでしょう。子犬や子猫の世話をイメージしていた人はここでショックを受けてしまうかもしれません。もしどうしても爬虫類や両生類の世話が無理だと思う場合は、事前にペットショップが扱っている動物の種類を調べておくと良いでしょう。

資格は要らないが向上心が必要

ペットショップのバイトは、特に資格がなくても始めることができます。バイトを始めてからいろいろな仕事の仕方を覚えて行きましょう。また生き物を扱う仕事ですので向上心が大切です。エサのやり方、生き物の扱い方、ケージ内の温度管理の方法などを間違えてしまうと生き物の体調が悪くなり、場合によっては死んでしまうこともあるからです。生き物を扱っているという責任感と緊張感を持って仕事を覚えていくことが大切になります。
またペットショップに訪れるお客さんは、生き物を買いに来るのではなく「自分の家族」を迎えにくる気持ちでお店を訪れます。お店にいる生き物の性格や個性などを把握できるようになりましょう。「この子は活発です」「この子は少し臆病ですがすぐに人に慣れます」など、お客さんに扱っている生き物の個性まで伝えられるようになれば一人前のバイトと言えるでしょう。

生き物を扱うという意識を持とう

TOPICS

感謝がやりがいにつながる

ペットシッターのバイトをする魅力を紹介します。ペットシッターは飼い主さんの代わりにペットの世話をし、家の留守を預かる責任が重い仕事です。逆に言えば、責任を果たすことで飼い主さんに感謝されやすいやりがいのある仕事でもあります。ペットの世話をできること自体が魅力でもありますし、動物が自分になついてくれたらその気持ちは大きくなるでしょう。そして飼い主さんと同じ目線でペットを可愛がることができることも大きな魅力でしょう。ビジネスライクなだけではない、深い愛情を持つことができるからです。

生き物を扱うという意識を持とう

ペットショップのバイトを始めると、まず「商品販売」の仕事を行う職場が多いようです。ペットショップではファッションアイテムやケージや水槽、ペットのオモチャなど様々な商品を扱っていますので、これらの商品の管理や販売を行いながらバイトに慣れていきます。生き物を担当するようになると、エサやり、ケージ内の清掃、排泄物の処理などの作業を行います。常に生き物を扱っている責任を感じながら、向上心を持ってバイトをするようにしましょう。