I ♡ 動物!

動物の世話をするペットショップのバイトと社員の違い

このサイトについて♡動物が好きで動物に関わる仕事をしたいと思っている方のために、可愛い動物たちの世話をするペットシッター、ペットショップ店員などの仕事内容やバイトの探し方を紹介するサイトです。

動物が大好きなみなさんへ

I ♡ 動物! 動物が大好きでペットシッターの仕事をしている管理人が、動物の世話をする仕事について紹介するサイトです。サイトへのお問い合わせは【こちら】へお願いいたします。

SPECIAL

バイトと社員の違いについて

ペットショップで働いているスタッフには「正社員」と「バイト」がいます。立場の違いにより、給与や社会保険などの待遇が変わります。また働く時に必要な資格などにも違いがあります。今回はペットショップの正社員とバイトの違いについて紹介していきます。

正社員に必要なこと

ペットショップの正社員になるためにはまず「資格が必要」という職場が多く、資格やスキルを証明できることが応募の条件になっていることがあります。「愛玩動物飼養管理士」の取得やトリマーの資格など、技術的な熟練度を証明するための資格が必要なことがあります。
また年中無休のペットショップの場合、いつでも正社員が職場にいる必要がありますので、交代制などで1年中誰かがペットショップに出勤しています。そのため1度の勤務時間が比較的長くなる傾向があるようです。休日がある職場でも動物や生き物の世話を誰かがしなくてはいけませんので、正社員が交代で休日出勤をすることになります。

正社員の給与とバイトの給与

ペットショップの給与は職場によっても違いますが平均月収が17万円から30万円程度で、平均年収は200万円から400万円程度になります。大手のペットショップでは社会保険や福利厚生が充実しているところが多いようです。就活をする時は、給与だけでなく社会保険制度の充実度もしっかり調べておきましょう。バイトの場合は時給900円前後の職場が多いようです。高時給が売りというよりも、動物好きな人が集まって楽しく働くことができるという幸せを求める人が働く職場だと言えそうです。ただし、資格を取得している人や動物の扱いに熟練している人は時給1000円を超えるという場合もあるそうです。

ステップアップするには

ペットショップで正社員として働きはじめると、最初のステップアップが「店長になる」ということになります。店長になると手当が付き給与が増えますので、まずは店長を目指して頑張りましょう。店長として実績を積むと、複数の店舗を管理する「エリアマネージャー」に出世します。エリアマネージャーになると高収入が期待できますので、頑張ってステップアップを目指していきましょう。
また正社員としてステップアップしていくだけでなく、独立開業というステップアップの方法もあります。店長をすると商品の管理方法を学ぶことができます。発注先とのコネクションもできますし、バイトの管理方法のノウハウについても学ぶことができます。店長になって積んだ色々な経験は独立した際にも生きてくることでしょう。
またバイトとしてペットショップで働きはじめ、必要な資格を取得し正社員に登用されるということもあります。バイトから正社員、店長、そしてエリアマネージャーとステップアップすることも不可能ではありません。

バイトと社員の違いについて

TOPICS

感謝がやりがいにつながる

ペットシッターのバイトをする魅力を紹介します。ペットシッターは飼い主さんの代わりにペットの世話をし、家の留守を預かる責任が重い仕事です。逆に言えば、責任を果たすことで飼い主さんに感謝されやすいやりがいのある仕事でもあります。ペットの世話をできること自体が魅力でもありますし、動物が自分になついてくれたらその気持ちは大きくなるでしょう。そして飼い主さんと同じ目線でペットを可愛がることができることも大きな魅力でしょう。ビジネスライクなだけではない、深い愛情を持つことができるからです。

生き物を扱うという意識を持とう

ペットショップのバイトを始めると、まず「商品販売」の仕事を行う職場が多いようです。ペットショップではファッションアイテムやケージや水槽、ペットのオモチャなど様々な商品を扱っていますので、これらの商品の管理や販売を行いながらバイトに慣れていきます。生き物を担当するようになると、エサやり、ケージ内の清掃、排泄物の処理などの作業を行います。常に生き物を扱っている責任を感じながら、向上心を持ってバイトをするようにしましょう。