I ♡ 動物!

動物を預かるペットシッターは飼い主さんとの信頼関係が大切

このサイトについて♡動物が好きで動物に関わる仕事をしたいと思っている方のために、可愛い動物たちの世話をするペットシッター、ペットショップ店員などの仕事内容やバイトの探し方を紹介するサイトです。

動物が大好きなみなさんへ

I ♡ 動物! 動物が大好きでペットシッターの仕事をしている管理人が、動物の世話をする仕事について紹介するサイトです。サイトへのお問い合わせは【こちら】へお願いいたします。

SPECIAL

飼い主さんとの信頼関係を築こう

最近、動物が大好きな人に注目されているバイトがあります。それが「ペットシッター」です。今回はペットシッターの仕事内容を中心に、バイトを始めるために役立つ情報を紹介していきます。

ペットシッターの仕事とは

「ペットシッター」とはどのような存在でしょうか。ペットシッターとは、小さな子どもを預かる「ベビーシッター」と同じような仕事だと考えれば良いでしょう。出張などで家を空けがちになってしまう飼い主さんや、高齢でペットのすべての面倒を見るのが難しい飼い主さんなどがいます。ペットシッターはそのような飼い主さんの代わりにペットの世話をする仕事です。ベビーシッターと同じように、飼い主さんの家に入り世話をします。ペットはいつもと同じ環境で生活ができるので負担が少なくて済むというメリットがありますし、飼い主さんはペットホテルや動物病院に預けにいく手間がないというメリットがあります。逆に言えば、飼い主さんが留守の時に鍵を預かり家の中に入ることになります。そのため飼い主さんからの信頼度を損なうような行為をしないように日頃から気を付ける必要があります。

責任が重いペットシッターの仕事

ペットシッターの仕事はベビーシッターに似ていると言いました。飼い主さんにとっては犬や猫は子ども同然の存在であり、家族のひとりです。そのため留守を預かるペットシッターの責任は大変重いものがあります。動物が好きな人、自分でもペットを飼っている人は飼い主さんの気持ちがわかると思います。自分の子どもや自分のペットを扱うように動物の世話をしましょう。具体的にはペットのエサやり、水の交換作業、トイレ掃除などが仕事の基本で、ペットが運動不足にならないように器具を使って遊んであげることや散歩に行くことも大切な仕事になります。万が一にも飼い主さんがいない時にペットの身に悪いことが起きないように気をつけましょう。

ペットシッターからその他の仕事へ

ペットシッターとしてバイトをするためには、ペットシッターの派遣会社などに登録する方法が一般的です。
またペットシッターとして経験を積んだ人の中には独立開業の道を選ぶ人もいます。ペットシッターとして開業をする時には「動物取扱責任者」の登録を行うことが必要です。バイトとして働く場合は特にこのような資格は必要ありません。しかしバイトを長く続けたいと思う人は、このような資格を取得するための勉強をしておくと仕事をする時に安心かもしれません。
またペットシッターのバイトの経験を活かし、その他のペット業界の仕事へ進んでいく人もいます。ペットショップで働く人、トリマーとして働く人、ペットホテルや動物病院で働く人など人それぞれです。ペット関連の仕事に就くためにまずは身近なバイト先であるペットシッターのバイトを入口にするのも良いでしょう。

飼い主さんとの信頼関係を築こう

TOPICS

感謝がやりがいにつながる

ペットシッターのバイトをする魅力を紹介します。ペットシッターは飼い主さんの代わりにペットの世話をし、家の留守を預かる責任が重い仕事です。逆に言えば、責任を果たすことで飼い主さんに感謝されやすいやりがいのある仕事でもあります。ペットの世話をできること自体が魅力でもありますし、動物が自分になついてくれたらその気持ちは大きくなるでしょう。そして飼い主さんと同じ目線でペットを可愛がることができることも大きな魅力でしょう。ビジネスライクなだけではない、深い愛情を持つことができるからです。

生き物を扱うという意識を持とう

ペットショップのバイトを始めると、まず「商品販売」の仕事を行う職場が多いようです。ペットショップではファッションアイテムやケージや水槽、ペットのオモチャなど様々な商品を扱っていますので、これらの商品の管理や販売を行いながらバイトに慣れていきます。生き物を担当するようになると、エサやり、ケージ内の清掃、排泄物の処理などの作業を行います。常に生き物を扱っている責任を感じながら、向上心を持ってバイトをするようにしましょう。