I ♡ 動物!

動物への愛情を伝えてペットシッターになる

このサイトについて♡動物が好きで動物に関わる仕事をしたいと思っている方のために、可愛い動物たちの世話をするペットシッター、ペットショップ店員などの仕事内容やバイトの探し方を紹介するサイトです。

動物が大好きなみなさんへ

I ♡ 動物! 動物が大好きでペットシッターの仕事をしている管理人が、動物の世話をする仕事について紹介するサイトです。サイトへのお問い合わせは【こちら】へお願いいたします。

SPECIAL

ペットシッターになるなら愛情を伝えよう

ペットシッターのバイトの面接の対策をしましょう。ペットシッターの面接で重要なことは「動物に対する愛情」と「誠実な人柄」を示すことです。一般的な職種の面接よりも面接官が厳しい目で審査することを覚悟しておきましょう。

ビジネスでなく動物の世話ができる人

ペットシッターは飼い主さんに代わってペットの世話をする仕事です。ペットは飼い主さんにとって家族同然の存在です。そのため面接では家族を任せるのにふさわしい人かどうか厳しい目で見られることになります。ペットシッターのバイトを雇用する側としては、単純に時給目当てでバイトを始められてしまった場合、雑でいい加減な世話をされるリスクを感じます。ペットは動物が好きな人かそうでない人かを見抜きますので、嫌いな人にはなつきません。すると、なつかれないことに腹を立てバイトがペットに対して虐待まがいの行為をする可能性もあります。そのようなことを防ぐために「本当に動物が好きな人」を選びたいと思い応募者を見ています。
そこで面接では動物が好きだということを証明するような自己アピールをするようにしましょう。また動物の世話に慣れているという面もアピールしましょう。例えば「兄弟のように育った愛犬がいて、いつも動物に囲まれて生活をしてきました」「実家では犬2匹と猫5匹と一緒に暮らしていました。学生になったのを機会に上京し、今はアパートでペットを飼えないのでペットシッターとして担当する動物に愛情を注ぎたいです」などと、志望動機を聞かれた時や自己PRのタイミングで話すようにしましょう。

留守を任せられる「誠実な人柄」

ペットシッターは、出張や家族の都合で家を離れる必要ができた飼い主さんが自分の代わりにペットの面倒を見てもらいたい時に頼みます。つまり、ペットの世話を見てもらうことはもちろん「留守の家を任せる」という要素もあります。口には出しませんがペットに関すること以外にも、いろいろと留守中の心配をしているはずです。「ペットシッターに何か盗まれないだろうか」「ペットシッターに個人情報を見られないだろうか」「ペットシッターがカギをかけ忘れて盗難の被害に合わないだろうか」など心配は尽きません。そのような心配をかけないような「誠実な人柄」を持つ人材をペットシッターの雇用側は探しています。そのためには清潔で社会マナーを守った身だしなみが必要です。清潔感のある髪型と服装で面接に臨みましょう。男性は無精ひげを剃り、女性は派手なアクセサリーやネイルアートを外しておきます。質問にはハキハキと面接官の目を見て大きな声で答えるようにしましょう。不潔でだらしない印象の人や、聞き取れないような小さな声で質問にきちんと答えられない人は合格が難しいでしょう。「もし自分が大切なペットを預けるならどのような人がいいか」をイメージしてみると良いでしょう。

ペットシッターになるなら愛情を伝えよう

TOPICS

感謝がやりがいにつながる

ペットシッターのバイトをする魅力を紹介します。ペットシッターは飼い主さんの代わりにペットの世話をし、家の留守を預かる責任が重い仕事です。逆に言えば、責任を果たすことで飼い主さんに感謝されやすいやりがいのある仕事でもあります。ペットの世話をできること自体が魅力でもありますし、動物が自分になついてくれたらその気持ちは大きくなるでしょう。そして飼い主さんと同じ目線でペットを可愛がることができることも大きな魅力でしょう。ビジネスライクなだけではない、深い愛情を持つことができるからです。

生き物を扱うという意識を持とう

ペットショップのバイトを始めると、まず「商品販売」の仕事を行う職場が多いようです。ペットショップではファッションアイテムやケージや水槽、ペットのオモチャなど様々な商品を扱っていますので、これらの商品の管理や販売を行いながらバイトに慣れていきます。生き物を担当するようになると、エサやり、ケージ内の清掃、排泄物の処理などの作業を行います。常に生き物を扱っている責任を感じながら、向上心を持ってバイトをするようにしましょう。